×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教材の比較!リスニングと会話力を強化
                                      英会話教材ガイド


スピーキングの上達勉強法





外資系企業で英語でのコミュニケーション経験のあるサイト管理人によるコラムです。

スピーキングの能力、といっても求められるスキルは目的や目標によっても異なります。ただし、初心者がそ
の能力を伸ばすための勉強法には、共通のものがあると考えられます。例えば、以下のような事柄です。

基礎を固める
まずは、発音を習得し、必要となる語彙力、ボキャブラリーを身につけます。時制や前置詞、語順など基
本的な英文法も押さえておくべきでしょう。また、物事を日本語で考えてから、英語にしていたのでは、自
分が言いたいことを話すのに時間がかかってしまいます。訓練によって英語で発想し、話せるようにします。

リスニングも重要です。相手の言ったことを正しく理解することにより、自分の考えもまとめやすくなり、会話
もしやすくなります。そもそも、相手の言ったことを理解できないと、会話が成り立たない部分もあります。

英語で理解し、英語の発想で話ができる能力を身につけたいところです。

シンプルな表現
学校で学ぶ英語は、読み書き重視のところがあり、初心者は会話にもそれが出てしまいがちです。複雑

構文を使用せず、シンプルな表現を身につけ、それを活用できることをまずは目指すほうがよいでしょう。

話す機会をつくる
ある程度勉強も進んだら、自分の英会話がどの程度通用するかの意味も込めて、実際に話す機会もつ
くりたいところです。英会話スクールでは、ネイティブの先生と話すことのできるクラスも多くありますし、スピー
キング能力の高い日本人の先生から学べるスクールもあります。

また、最近では、NTTLSとアルクのオンライン英会話 など、ネットを利用した英語のレッスンを開講しているところもあります。話せば、話す
ほどスピーキングの能力は身につく傾向があると思われます。


短期間で効率的に英語を上達したい方向け英語学習教材には、30日間英語脳育成プログラム があります。