×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教材の比較!リスニングと会話力を強化
                                       英会話教材ガイド

英語のリスニング上達法



外資系企業で英語でのコミュニケーション経験のあるサイト管理人が、リスニングの強化、向上の方法について管理人なりの考えを説明しているページです。

英語のリスニングを強化したい、上達したい、と思っている方は多いでしょう。でも、どこから手を付けていいのか分からない方も少なくないと推測します。何から始めればよいかというのは、個人の現時点での英語力によっても異なりますので一概には言えませんが、ある程度共通するポイントもあると思われるので、大切だと思えるところを何点か挙げてみたいと思います。

発音は大切
まず挙げたいのが、発音です。正しい発音で話せるようにしておくと、聴き取りにも効果があると思います。小さな子供が沢山話せるようになるに従って、大人の会話もより理解できるようになるのと似ています。発音に自身のない方は、まず基本からしっかりと勉強することをお勧めしたいと思います。

語彙力も影響
次に語彙力です。物事の理解に必要な語彙は、対象となる分野によっても異なります。例えば、英語でニュースを聞きたい方は、その分野の英語に日ごろから親しむようにします。英字新聞を毎日読むのも良いでしょう。分からない単語や熟語が出てきたら、チェックして自分のものにするようにします。この分野の英語は色々と機関や組織の名前など、固有名詞も沢山登場するので、その辺も押さえておきたいところです。固有名詞を知っているかどうかがリスニングにも影響を及ぼす可能性があるからです。

日常会話であれば、当然のことながら、身の回りの物事の名前や、会話表現、スラングなどを押さえておきます。日常会話であれば、多くの英会話レッスンが対応しているのではないでしょうか。こうしたレッスンを利用するのもよいですね。この様にまずはある程度対象を絞りながら、英語表現を身につけ、上達を実感できたら、少し範囲を広げてみるのが効果的ではないでしょうか。


短期間で英語を上達させたい方の教材には、30日間英語脳育成プログラム があります。

特に発音を強化したい、という方には、対象の目安が英検準2級からですが、ヒアリング力完成 発音トレーニング がおすすめです。