×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教材の比較!リスニングと会話力を強化
                                      英会話教材ガイド

英語のライティング勉強法


このページでは、英語でのライティングスキルを上達、向上するための勉強法について、ポイントになるところをまとめています。

インターネットが広まるにつれ、それ以前に比べると英文に触れることも容易になりました。また、グローバル化も進んでおり、英語での読み書きの必要性も高くなってきています。こうした中で英語のライティングを習得したい、あるいあは上達したい、といった方も増えてきているのではないでしょうか。どういった勉強をすれば効率的に向上できるかという観点から、自分のこれまでの経験を踏まえて英語でのライティング上達となるポイントを述べてみたいと思います。

文法の理解
ライティングを習得するにあたり、まずどこから勉強するべきなのかというのは、個人のその時点での実力によっても異なりますが、英語の文法を押さえておくのは英語のネイティブでない人が英語のライティングを学ぶにあたってとても重要だと考えています。時制、接続詞、関係詞の理解から、コンマ、コロンなどの句読法までしっかり習得しておきたいところです。

上質の英文で勉強
英語でのライティングを上達するには、ネイティブの書いた英文に沢山触れることが重要だと思います。ただ、ネイティブの書いたものなら何でもよいということでもなく、やはり文章の上手い方の書いた上質の英文をできるだけ多く読み、表現方法など自分でも使えるようにしておくとよいでしょう。論文やレター、新聞記事など様々な分野の文章がありますが、自分が読んだ分野で習得した表現が多いほど、その分野のライティングは向上できると考えています。

第三者の確認
ライティングの添削講座を受講するなどして、自分で書いた英文をチェックしてもらうことも時には必要かもしれません。自分もライティングの講座を受講したことがありますが、自分では気づかなかった書き方の癖などを直してもらえる可能性があります。会社などお勤めの方で、社内で先輩などから指導してもらえる環境があれば、勤務先での上達が可能でしょう。

英語を読んで習得する表現を増やし、実際にライティングをする機会も増やすことで少しずつ上達できると考えています。


 おすすめの英語教材!
 Eメールでの添削もしてもらえるライティング関係の通信講座です。

 詳細はこちら→ビジネスEメール速習パック ライティングエイド



このサイトについて